こんなに使える!火災保険!

マンション管理
スポンサーリンク

マンションを購入するときには必ず火災保険に入ると思いますが、管理組合でも共用部分の火災保険に加入しています。火災保険というぐらいなので、火災の時に保険が出るものというイメージかと思いますが、実がその他にも様々な時に大活躍してくれるのです。今回は、そんな便利な火災保険についてご紹介します。

マンション管理組合用の火災保険

マンション管理組合用の火災保険は、共用部分のための保険となりますので、大前提として保険の対象となるのは共用部分や共用部分に収容される区分所有者共有の動産に発生した損害となります。それを踏まえて一般的な補償内容は以下の通りです。

<主な補償内容>

・火災、落雷、破裂、爆発

・風災、雹災、雪災

・水ぬれ

・盗難

・水災

・破損・汚損

火災以外にもこんなにたくさんの補償があります。この中で、水災と破損・汚損については、除外することも可能としているケースが多いですね。

それではさらに細かくどんな事故に備えたものか確認します。

火災・落雷・破裂・爆発

火災には火事で共用部分に損害が出た部分の他にも消防隊の消火活動による水ぬれ損害も含みます。

また、落雷は雷によって建物や照明設備が損傷した場合などが対象となります。爆発は気体や蒸気が急激な膨張で破裂することやその現象のことを指します。

風災、雹災、雪災

風災とは、台風や竜巻、暴風によるもので、雹災は雹による災害です。雪災は豪雪や雪崩などの災害を言います。台風や雹によるバルコニーのガラスやパーテーションの割れなどに申請ができます。ただし、吹込みや雨漏りによる損害は対象外としていることが一般的です。

水ぬれ

給排水設備の破損や詰まりによって発生した漏水、放水等、建物内の戸室で発生した漏水、放水等による水ぬれと指します。

盗難

区分所有者の共有の動産が盗まれた場合や強盗、窃盗などにより共用部分に発生した損傷や汚損等の損害を指します。個人の所有物が盗まれた場合は管理組合の保険の対象外であるため注意しましょう。

水災

台風、暴風雨、豪雨などによる洪水・融雪洪水・高潮・土砂崩れ・落石などによって、床上浸水または地盤面より45cmを超える浸水を被った結果、共用部分や共有の動産に損害が発生した場合、もしくは再調達価額の30%以上の損害が発生した場合など細かな条件が設定されています。再調達価格とは、保険の対象物と同一の構造、質、用途、規模、型、能力のものを再築または再取得するのに必要な金額のことをいいます。この水災も共用部分の損害が対象となるため、専有部分は管理組合の保険の対象外であるため注意してください。

破損・汚損

不測かつ突発的な事故を指します。例えば、何者かに共用部分の動産を壊された、共用部分を落書き等で汚損させられたなどが該当となります。対象物の修理工事中に作業場の過失などで発生した損害は対象外となります。

終わりに

いかがでしょうか。一言で火災保険といっても補償の範囲はかなり広く様々な場合に保険金が支払われる可能性があります。とはいえ、火災保険は保険会社によって補償内容が異なる場合がありますので、現在加入している保険ではどのようなリスクに備えているのか確認することを忘れないようにしましょう。

さらに、マンションの火災保険はこの他にも多数のオプション(特約)がセットすることも可能となります。オプション(特約)については、また別の機会に紹介しますのでお楽しみに~。

火災保険一括見積もり依頼サイト

コメント

タイトルとURLをコピーしました