感震ブレーカーの設置が勧告的事項に?種類や費用、助成金までご紹介!

マンションライフ
スポンサーリンク

こんにちわー。マンション管理士のリョウです。

今日は感震ブレーカーについて、説明したいと思います。

地震時の火災の発生原因って?

感震ブレーカーとは?

感震ブレーカーの種類と費用?

一部地域では勧告的事項になっている?

こういった点をご紹介したいと思います。

今回の記事はマンションだけでなく

戸建ての方にも関係することとなりますので、

是非ご一読ください。

地震による火災リスク

早速ですが、地震による火災原因は何だと思いますか?

実は、発生原因の大半は電気火災なんです。

東日本大震災の時には、108件の火災が発生し

実に54%が電気火災でした。

では、電気火災はなぜ起きるのでしょうか?

それは地震の揺れにより電気機器からの出火や

停電が復旧したときにブレーカーを落とし忘れる

ことで発生する復電火災が原因となります。

一般的なブレーカーは地域停電が発生した場合、

自動ではブレーカーを落としてくれません。

よって、地域停電が復旧すると急に電気が

通電することになります。

この時、電気配線のビニール被膜が

破れていたりするとホコリや布団、

カーペットなどに引火して電気火災が

発生する可能性があるのです。

感震ブレーカーとは?

復電火災はブレーカーを切っていれば

発生のリスクが軽減されます。

しかし、不在時で物理的にブレーカーを

切ることができないときや、

大地震で気が動転している可能性もあり

必ずブレーカーを忘れず落とすことは困難でしょう。

そこで効果的な設備が感震ブレーカーです。

感震ブレーカーとは、

地震発生時に設定値以上の揺れを感知したときに、

ブレーカーを自動的に落としてくれる機能を有する

安全性を向上する設備です。

感震ブレーカーの種類と費用

感震ブレーカーにはいくつか種類がありますのでご紹介します。

分電盤タイプ(内蔵型)

分電盤に内蔵されたセンサーが揺れを感知し、

ブレーカーを切って電気を遮断します。

費用は約10万円程度です。(別途電気工事費)

下記にRakutenのリンクを貼っていますが、

ブレーカー容量によって違うことと分電盤交換の

工事には電気工事士の資格が必要となりますので、

あくまで参考にご覧ください。

パナソニック 住宅分電盤 《スマートコスモ》 マルチ通信型 あんしん機能付 感震ブレーカー・避雷器搭載 28 1 主幹50A BHM85281ZR

価格:114,127円
(2021/6/27 23:39時点)

分電盤タイプ(後付型)

分電盤に感震機能を外付けするタイプで、

センサーが揺れを感知し、

ブレーカーを切って電気を遮断します。

こちらも電気工事士の取り付け工事が必要です。

費用は約3万円程度です。(別途電気工事費)

BQE8507Z 震度5以上の地震を感知すると主幹ブレーカーを強制遮断!既設住宅向けの感震機能を後付できる分電盤 感震ブレーカーマルチボックス 50A

価格:30,916円
(2021/6/27 23:36時点)

コンセントタイプ

コンセントに内蔵されたセンサーが揺れを感知し、

コンセントから電気を遮断します。

電気工事が必要な埋め込み型と

電気工事不要なタップ型があります。

費用は5千円~2万円程度です。

簡易タイプ

ばねの作動や重りの落下などにより

ブレーカーを切って電気を遮断します。

ホームセンターなどで購入可能で最も安価で、

設置に工事も必要ありません。

費用は2~4千円程度です。

設置が勧告的事項に?

この感震ブレーカーですが、内線規程において、

一部地域の住宅への設置は勧告的事項となり、

それ以外の住宅への設置が推奨的事項になっています。

内線規程:電気需要場所における電気設備の保安を確保することを目的として作成された民間規格

それほど国としても感震ブレーカーの設置を

推奨しているのです。

感震ブレーカーの助成金はあるの?

国としても感震ブレーカーの設置を強く勧めていますが、

一部の自治体では助成金制度が用意されています。

例えば、足立区や新宿区では5万円を上限に

設置工事費の3分の2が助成されます。

助成金が用意されている自治体は少ないですが、

助成金がある地域にお住まい場合は、自己負担額が

軽減できますので、賢くお得に防災対策を検討しましょう!

最後に

今回は、感震ブレーカーをご紹介しました。

地震大国である日本では

大地震がいつ起きても不思議ではありません。

地震により火災が発生してしまうと、不動産だけでなく

ご自宅にある大切な思い出や宝物まで失ってしまう

可能性があります。

少しでもリスクを回避するために感震ブレーカーという

便利で安全性の高い製品があります。

分電盤本体であれば高額ですが、簡易タイプのものであれば

数千円で設置可能です。

また、地震の時にはブレーカーを落とすということを

知っているだけでも対策になります。

しっかりとリスクと向き合って対策を検討してみてください。

コメント

  1. 通りがかり より:

    感震ブレーカーってのは、事後の火災を考えると大変役に立つんですが、
    夜間の地震だと、揺れるといきなり真っ暗になるという、恐ろしい事が起きるんですよ。
    テレビがつかないので状況が分からない、スマホがどっかに行って右往左往。
    周辺が停電から復帰してるのに、何故かうちだけ真っ暗で騒いでいるとか。
    感知震度設定が出来ないとかだと、大丈夫だったときの弊害も大きいので、どうにかなりませんかね。

    感震ブレーカーが停電に先んじて勝手に落ちるんじゃ無くて、
    大きな地震が来て停電になったら遅れてブレーカーが落ちるとという構造が出来ないものかと密かに悩んでおります。

    • リョウ リョウ より:

      通りがかりさん
      コメントありがとうございます。

      確かにそうですね。
      基本的に防災設備は防災を最優先に考えているため、日常生活では不都合が生じることもありますね。
      ちなみに最近の感震機能付きの分電盤や後付け感震ブレーカーなどは地域停電が先に発生すると
      先に落ちるのではなく復電時に数秒後に落としてくれる機能が主流です。
      それでも夜間の地震で感震ブレーカーが働いて真っ暗という時は困ることもありますので、
      私の場合は、携帯の音声認識機能(iPhoneのsiriを使ってます)を常にonにしていて、
      siriにバックライトをつけてもらったり音楽をかけてもらうことで携帯の位置はすぐに確認できるようにしていますよ。
      よくどこ行ったってことになるので結構便利です。ご参考まで~。

タイトルとURLをコピーしました