マンション内でコロナ発生した場合の管理組合の対応

トラブル事例
スポンサーリンク

まだまだ予断を許さない新型コロナウイルスですが、万一マンション内で発生した場合の対応方法をご紹介します。

マンション管理組合で感染防止のために出来ること

多くのマンション管理組合では、定期的に総会や理事会を開催していますので、人が集まることで感染拡大のリスクがあります。また、共用扉のドアノブやエレベーター、エントランスで不特定多数の方が触れる部分がありますので、これも感染拡大のリスクとなります。では、少しでも感染拡大を防止するためにはどのようにことができるでしょうか。どこのマンションでも始められるは大きく2つです。アルコール等除菌の徹底と換気の徹底です。

・アルコール等の除菌

エントランスなどの人が多く出入りするところにはショッピングセンターなどにも置いているアルコール等の除菌スプレーを置き、入館者は必ず除菌することを徹底させましょう。エントランスのオートロックやドアノブなどの金属部は菌が残りやすいとの情報もありますので、アルコール除菌や直接指で触れないなど対策により感染防止が可能です。中国ではエレベーター内につまようじを置いてボタンに直接触れさせない対策などが話題となっていましたが、マンションでもできる限り直接触れないようにしましょう。多くの管理会社では以前よりも管理員や清掃員によるアルコール除菌を強化されています。それでも常に除菌することは不可能です。ドアノブや手摺、エレベーター操作ボタンに機械式駐車場の操作パネルなどを触れる場合は都度除菌することを意識しましょう。また、注意が必要な場所を掲示等で周知することで意識強化にもつながると思います。

・換気の徹底

理事会や総会をどうしても開かないといけない場合があります。会場は換気を徹底しましょう。冬の寒いシーズンや夏の暑いシーズンでは、窓の常時喚起により室温が保てませんので、寒さ・暑さ対策を各自でするように呼びかけましょう。また、エレベーターの換気扇は常時運転させておきましょう。管理会社やエレベーター点検業者に依頼すれば対応は可能です。

もしコロナに感染したら・・・

感染対策をしていても感染してしまうことは考えられます。その場合はどうすればよいのでしょうか。

まずは管理会社に連絡をしましょう。新型コロナの厄介な点は無症状でも感染している場合があることで、そのため感染に気付かずに菌を飛ばしてしまっている可能性があり、他の居住者に感染させないために早期に共用部分の消毒作業が必要となるためです。管理会社から理事長や理事会に相談をして専門業者などによる消毒作業を検討してもらいます。

個人が特定されるとコロナハラスメントなどで風評被害にあうかもと心配で言いたくないという方もおられるかもしれません。法律上はコロナ感染の報告義務がありません。守秘義務の話でいうと管理会社は当然のこと、管理組合も2017年の個人情報保護法改正により個人情報取扱事業者に該当することとなり法律を遵守する義務が生じていますので、掲示等で個人を特定する記載はできないようになっています。管理会社の立場でいうと、マンション内には高齢者も多くおられますので、感染拡大防止や人命をを最優先に考えていただき管理会社へは必ずご報告をお願いしたいと思います。

管理組合で事前に決めておくこと

コロナ感染は予告なく発生します。そのため、感染発生時に備え事前に管理組合で決めておくポイントを紹介します。

・消毒作業費の予算計上

消毒が必要となった場合に備え臨時の清掃費用として予算を計上しておきましょう。その費用はバラバラですが、インターネットで近くの消毒業者を調べると大体の費用が明記されていますので、マンションの規模に応じて予算計上をしておきましょう。

・感染者発生時の告知方法

感染者から申告してもらいやすくするために、感染者発生の告知をどのような方法・内容で行うのか事前に周知しておくことも重要です。事前にどのような周知方法か分かっていれば安心して申告いただけることに繋がります。居住者の中には報告する必要性を理解できていない方もいますので、消毒が必要となることなども記載することにより報告の必要性の理解を深めていただけると思います。

オンライン理事会、総会について

感染防止の方法としてオンライン理事会、オンライン総会の開催も選択肢の一つですが、取り入れることができるでしょうか。答えは管理規約を変えれば〇です。改定前の管理規約では、総会、理事会共にオンラインでの出席は認められていません。そのため管理規約を改定する必要があります。現在、標準管理規約を作成する国交省では、新型コロナウイルス感染症拡大に伴う規約改正案が検討されているため近いうちにリリースがされるものと思われます。

最後に

新型コロナウイルス発症から1年以上が経過します。やっとワクチン接種も始まりましたがそれでも全員に行き渡るまではまだまだ先であり、新型コロナウイルスの終息には時間がかかるでしょう。不安な日々を過ごしている方も多いかと思いますが、そんな時こそ正しく情報を受け取ることが重要となります。皆さんが安心できるマンションライフのため引き続き情報を発信していきますので、少しでもお役に立てれば幸いです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました