配管から水漏れ? どう調べるの?

トラブル事例
スポンサーリンク

先日水漏れが発生したときの費用や対応手順を紹介しました。

(まだ見ていない方はこちらから⇒分譲マンションお部屋で水漏れ!どうする?費用は?

今回は、床下の配管の漏れの可能性があるときに実際どのように調べるのかをご紹介します。

始めに漏水調査までの流れを確認

始めに漏水が発覚してから調査までの流れを確認しましょう。

  1. 下の階の住民、管理員、管理会社から水が漏れてきたとの連絡が入る。
  2. 水をこぼしたり水が漏れている周辺で濡れていないことを確認する。
  3. 濡れている形跡がない場合は、床下の配管の漏水の可能性あり。
  4. 管理会社にて漏水調査業者を手配。
  5. 下の部屋の被害確認、上の階の漏水調査。
  6. 原因個所の復旧

大まかにはこのような流れとなります。マンションは水道メーターから自室側(二次側)の配管が専有部分(個人の所有物)と規約で定めているケースが大半です。床下や天井内に給水管や給湯管が通っており洗面やキッチンに水を供給しています。天井配管の場合は、比較的原因箇所の特定は容易ですが、床下配管の場合は、原因箇所の特定に時間を要する場合があります。では実際の調査方法を見ていきましょう。

漏水調査 ①水圧試験

まずは床下の配管に漏水があるのか、また漏水している配管は給水管と給湯管のどちらからかを調べます。そのために有効な調査が水圧試験です。水圧試験の方法は以下の通りです。

  1. 風呂やトイレなどすべての水を止まっていることを確認。
  2. 水道メーターのところで配管を一旦外して圧力ゲージと水圧ポンプを取り付ける。
  3. 配管内を密封して空気を抜く。
  4. 水圧ポンプで圧力をかける。
  5. 圧力計を確認して圧力が低下したらどこかから水が抜けている(漏れている)ことが判断できる。
  6. 圧力低下が確認できれば、給水管、給湯管をそれぞれ水圧試験を行う。
  7. 圧量低下がみられる配管(給水管または給湯管)に漏れがあると判断できる。

床下を確認出来る場所を探す

配管の漏れが確認できた後は、漏れている箇所を確認するため、床下内を除けるポイントを探します。漏れている箇所は、下の部屋で実際に漏れている場所の真上の周辺を疑うことがセオリーです。上下で間取りが同じである場合、下の部屋の洗面所の天井から漏れているのであれば上の部屋の洗面所付近、キッチンの天井付近で漏れているのであればキッチン付近が最も疑わしい部分となります。

疑わしい場所の周辺で床下を確認する場所を探しましょう。床に点検口があればそこから確認できますが、多くのマンションでは点検口は設けられていないケースが大半ですので、洗面所やキッチンシンク下の収納庫の底板がビス止め施工などで簡単に取り外して開けることができないか確認します。開けることができない場合は、洗濯機パン(洗濯機の置き台)の下なども確認します。

開けることができればそこから床下をのぞき込んで配管の漏れを探します。漏れている配管が確認できれば良いですが、のぞき込んだ部分からは確認が難しい場合もあります。その時は床下のコンクリートで漏れているところと乾いているところの範囲や音から場所の想定をしていきます。

必要に応じて部分的に床を開口する(斫る)

シンク下収納庫などの開口部からでは原因箇所の特定、配管の補修ができない場合は、必要な範囲の床材をのこぎりなどで開口する(斫る)必要があります。原因箇所が特定できていない状態で予測して開口する場合は、1つの開口で補修できない時もあり、2つ目の開口をするケースもあります。このようにして原因箇所を探していき、見つかれば原因箇所の配管の補修を行います。最後に再度水圧試験をして漏れがないことが確認できれば配管修理は終了となります。以上が、配管の漏水調査の基本的な対応方法となります。

最後に・・・

今回ご紹介した漏水調査は、給水管または給湯管からの漏水の一般的な調査内容となります。これまでの経験では、スムーズに漏水原因箇所が特定できることもありますが、場所の特定にかなりの時間と複数の開口が必要となったこともありました。構造や配管の材質もマンションによって異なるため、原因箇所もバラバラです。まずは、ご自身のマンションの配管は床下と天井のどちらを通っており、配管の材質は何を使っているのかを確認しておきましょう。さらに平均的な寿命を確認し必要に応じて内装のリフォーム工事をするときなどに配管の更新工事も一緒に検討してみてはいかがでしょうか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました