もう一人で悩まない マンションのタバコの臭いトラブル 

トラブル事例
スポンサーリンク

「隣の人がバルコニーでタバコを吸ってて窓が開けられない!」

「洗濯物にタバコの臭いがついて困る!」

最近、居住者の皆様からこんな相談が増えました。同じ悩みをお持ちの方もおられるのでは?では、そんな時どうすればよいか。方法は簡単です。

禁煙マンションに引っ越しましょう!

出来るか!出来たら初めからやっとるわ!と聞こえてきそうです。嘘です。ジョーダンです。怒らないでください。でも、実際のところ、完全にタバコの臭いを0にすることは、残念ながら不可能に近いです。困っている人はガッカリしますよね。それでも全く何もできないというわけではありません。できることもあります。その方法をこれまでの経験を交えてご説明させていただきますので参考にしてください。

タバコに対する昔と今

そもそも、たばこ問題は今に始まったことではありません。以前も嫌い、苦手な人はいました。

でも喫煙者、愛煙家が多かった頃は少し前までは、こんな意見が寄せられてますよーって理事会に報告して対応方法を検討していると、「そんなタバコ嫌いやったら、禁煙マンションとかに引っ越したらええねん!」なんていう役員さんもいました。

タバコは大人への一歩というイメージで多くの方々が通った道であり、タバコが嫌いという人がいると冗談半分でその人に煙を「プハー」っと浴びさせる人もいましたね。

でもご安心ください。

時代は変わりました。

今そんな行為をする人がひれば顰蹙を買うどころの騒ぎではありません。

だから、「タバコの臭いが嫌い」と素直に助けを求めてもいいんです。

では、何をすればいいのでしょう。

管理規約を確認しましょう。

まずは、管理規約を確認しましょう。分譲マンションでは共同生活に必要なルールブックとして管理規約が制定されていることがほとんどです。その管理規約にバルコニーなどの専用使用部分、廊下などの共用部分でタバコの喫煙が禁止されているかを確認しましょう。

もし禁止されていたら、規約違反者がいることを理事会や管理員、管理会社に伝えてください。

喫煙者が特定までできていれば書面や電話で確認することもできますし、特定できていなくても掲示や配布などで禁止されている事実を周知させることができます。

管理規約で禁止されていない場合は?

しかし、大半は禁止されていないことが多いです。その時は泣き寝入り?違います。

その場合でも理事会や管理員に相談してください。同じ悩みを抱える方が居住者におられる可能性があります。

また、望まない受動喫煙をなくすことを目的とした健康増進法の改正や一部自治体では受動喫煙防止に関する条例改正など、法整備も進み受動喫煙防止が世間の常識となってきています。ちなみに健康増進法ではマンションのバルコニーや廊下の喫煙まで制限ができるものではありませんのでご注意ください。

対応方法の流れ

では、具体的にどのようなことができるかというと、まずは注意文などで困っている事実を周知してもらいましょう。1回2回ではなかなか解決しない場合がありますので、定期的に発信してもらうことが良いと思います。

それでも解決しない場合は、規約を変更することも良いでしょう。規約違反となれば先ほど説明の通り、規約違反となりこれまで以上に厳しく警告できるようになります。規約変更は総会の決議が必要で全区分所有者数の4分の3以上かつ議決権数の4分の3以上の賛成が必要となります。今の時代、反対される方は少ない可能性が高いため、決して不可能ではないと思います。

このような地道な周知や規約変更によりトラブル解決につながる可能性があります。

個人でも対策しましょう

では、私がなぜタバコの臭いを完全にタバコの臭いを0にすることは不可能に近いといったかというと、注意文や規約で禁止とすることができるのはあくまでバルコニーなどの専用使用部分や廊下などの共用部分だけだからです。

個人の所有物である専有部分(部屋の中)までは制限ができません。

また、専有部分内には換気扇がありますので、専有部分内で喫煙すると換気扇から換気ダクトを通って廊下やバルコニーへ排出されており、さらに被害宅側の空気を取り込む給気口から室内に入ってくるため、例えバルコニーでタバコを吸っていなくても臭いが入ってきてしまう可能性があるのです。

ですから、管理員や管理会社を通じて注意告知を粘り強くしてもらいながら、洗濯物は室内干しや浴室乾燥機を使う、室内での臭いがあまりにひどい場合は、部分的に給気口を閉めるなどご自身の対策も取っていくことが望ましいと思います。

兎にも角にも一人で悩まず、まずは管理員に相談してみましょう。

快適なマンションライフ実現への一歩に繋がれば幸いです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました